千葉県議会議員 中沢裕隆の公式サイトです。「夢と希望の千葉県政を!」を合い言葉にちば!元気5宣言を実現致します。

実現した政策

中沢裕隆の活動報告ページです。

4年間の主な取り組み

中沢ひろたか4年間の取り組み
  • 一般質問7回 420分
  • 予算委員会質問2回
  • 平成24年 手賀沼終末処理場に焼却灰を一時保管
  • 平成25年 県立高校「道徳授業の必修化」導入
  • 平成26年 「千葉県いじめ防止対策推進条例」を議員立法制定
  • 平成27年 柏の葉野球場電光掲示板完成
  • いじめ問題対策プロジェクトチーム委員

教育子育て

中沢裕隆実績:スクールメールシステム

中沢裕隆実績:スクールメールシステム参考画像

従来の電話による連絡網は、情報の伝達に時間がかかり、正確な情報が伝わらないなどの問題がありましたが、スクールメールシステムの導入により、携帯電話とインターネットを活用し、学校から保護者への正確で素早い情報伝達が可能となりました。

子供たちが安心して過ごすことのできる地域環境を作るためには、学校・家庭・地域社会が情報を共有し一体となることが必要です。

このシステムでは、防犯・防災に役立つ情報を配信することにより、事件や事故につながる可能性のある情報や、大規模災害発生時の対応などを、保護者に送付することができ、子供たちを危険から回避させることができます。

〈参考:柏市立酒井根西小学校HPより〉

  • 各学校の「空き教室の有効利用」を提言<H.11>
  • 「保育所整備」の充実(子育て支援)を提言<H.11>
  • 小学校の「学区弾力化」を実現<H.13>
  • 「教育サポーター制度」の導入を実現<H.17>
  • 44年ぶり「教科書採択地区の分割化」を実現<H.17>

安全・安心・地域活性化

中沢裕隆実績:犯罪発生マップ

中沢裕隆実績:犯罪発生マップ参考画像

「犯罪発生マップ」は、地区ごとにどのような犯罪が起きているかを地域住民が知るために導入されたもので、「住宅対象侵入盗」「自動車盗」「車上・部品ねらい」「ひったくり」などの項目にわけられ、何件の犯罪が起きたかを、地図とグラフで知ることができます。

また地図には、危険度が五段階で表示され、ひと目で危険な場所を認識することができます。

現在は、町会ごとに「犯罪発生マップ」が配布され、犯罪に対する抑止力にもなっています。

〈参考:柏市役所HPより〉

中沢裕隆実績:地域安全マップ

中沢裕隆実績:地域安全マップ参考画像

「地域安全マップ」は、立正大学文学部社会学科教授(社会学博士)小宮信夫氏によって考案され、子供たち自身が安全についての意識を高め、危険な場所には近づかない、といった「自ら危険を回避する能力」を身につけるために行われるものです。

現在柏市内の小学校では、「地域安全マップ」を作成する授業が導入され、子供たちが「安全な場所」と「危険な場所」を認識し、安心して遊ぶことを目的としています。地域の安全について、親子が共通した理解を持つことがとても重要です。

〈参考:小宮信夫の犯罪社会学の部屋(地域安全マップ)HPより〉

森田健作千葉県知事に農業イベントへの参加を要望

森田健作&中沢ひろたか

平成24年9月定例県議会一般質問において、福島第1原発事故による柏市産農作物に対する風評被害払拭のため、森田健作千葉県知事に、東葛飾地域で開催される農業イベントへの参加を要望しました。

平成24 年11 月25 日(日)、柏駅東口「ファミリー広場」で開催された、『かしわの農産物販売促進キャンペーン~第3 回柏駅前地産地消イベント~』に、知事本人が応援に駆け付け、イベントを盛り上げていただきました。

  • 光ヶ丘商店街・光ヶ丘公団の歩道拡幅を実現<H.12>

政治・教育思想

  • 戦没者慰霊のため終戦記念日の靖国神社を毎年参拝<H.11~>
  • 柏市議会の議場に「国旗および市旗の掲揚」を実現<H.14>
  • 憲法違反である「外国人参政権付与」への反対表明<H.12>
  • 子供たちに有害な「ジェンダフリー教育」の撤廃<H.16>
  • 入学式・卒業式で国歌斉唱を行わない教師の指摘<H.17>

行財政改革

  • 「議会インターネット中継」の実現<H.12>
  • 柏市・沼南町との「合併」を推進<H.17>
  • 政令市に準じる「中核市への移行」を推進<H.19>
  • 行財政改革(職員の給与削減等の実施)を実現<H.19>
  • 柏市監査委員として適切な予算執行状況を監査<H.20>